HOME > バイオ燃料

バイオ燃料

 

スメーブジャパンの微細藻バイオ燃料とは

スメーブジャパンはナンノクロロプシスの大量培養技術を確立し、バイオ燃料の研究に貢献していきます。


 

葉や茎、根などを生成しない微細藻は、とうもろこしや大豆などと比較して、光合成によるバイオ燃料の生産性が数十倍から100倍程度優れているとされます。 しかしながら、日本の現状では、大量に微細藻を培養する技術が確立されていないため、大規模に商業ベースで微細藻からバイオエタノールや バイオエネルギーを精製する技術の実用研究を行うことが困難であります。この現状を打破するためには、大量に微細藻を培養する技術を 確立することが不可欠です。 大量で均一な藻があれば、バイオエタノールやバイオエネルギーを生成する技術の実用研究を促進することが出来ます。

スメーブジャパンの微細藻バイオ燃料とは
 
 

排出炭酸ガスの再利用

バイオ燃料の実用化のためには、製造のための低コスト化が最大の課題となっています。そのためには大規模生産化や   生産のシステム化、それに原料費のコストダウンが重要となってきます。
  藻の培養に必要な原料のひとつはCO2です。火力発電所等から排出される排気ガスを利用することにより、生産コストの大幅な削減が可能となります。
  また、大気中に放出される排気ガスを再利用するので、再生エネルギー利用として地球温暖化の抑制にも貢献します。

Seambiotic社との連携
 
 

油分抽出技術の研究

バイオディーゼルを市場へ普及するための課題の一つは、効率的な油分抽出・精製技術の確立です。
  スメーブジャパンでは東北大学工学部や地元企業との連携により、これら課題に精力的に取り組んでいきます。


    

これまでの取り組み

平成22年度 超臨界二酸化炭素技術によるナンノクロロプシスからの油分の抽出・濃縮
東北大学工学部 猪股教授
農林水産省「平成22年度緑と水の環境技術革命プロジェクト事業」
 
平成23年度 亜臨界水技術によるナンノクロロプシスからの有用成分抽出
株式会社共生資源研究所
農林水産省「平成23年度緑と水の環境技術革命プロジェクト事業」
 
 
▲ページの先頭に戻る