HOME > 種苗養殖餌料

種苗養殖餌料

 

ワムシ餌料として

ナンノクロロプシスは「海産クロレラ」とも呼ばれ、日本の水産養殖産業においては主に稚魚の栄養源として活躍してきました。

魚のえさのえさ

魚介類の飼育は、特に稚魚の段階ではデリケートで、厳重な水質管理や栄養価の高いえさを与える必要があります。 日本の多くの種苗養殖業者の間で使用されている稚魚のえさは「ワムシ」という動物プランクトンです。 そのワムシのえさとして用いられてきたのがナンノクロロプシスです。 稚魚は、ワムシを通してナンノクロロプシスの栄養分を取り込み、育てられます。


ワムシ
画像提供:PlantBio co., ltd.

 

EPAの力

かつての種苗養殖業界では、ナンノクロロプシスは各養殖場でそれぞれに生産し、ワムシの餌に使用していました。 これにはコストも労力もかかり、また安定した生産が難しいという問題がありました。 やがて代替餌料として酵母やクロレラが用いられるようになりましたが、稚魚が健全に育たないという問題が生じました。 研究の結果、オメガ3脂肪酸の欠如により、酵母やクロレラでは必要な栄養が不足するということが分かりました。 現在主流となっているワムシ餌料は安価に大量流通しているクロレラですが、EPAの供給は不可欠であり、 稚魚へ与える前のワムシの仕上げとして、ナンノクロロプシスを与えることによって栄養強化が行われています。
ナンノクロロプシスは、稚魚に必要な栄養を備えた、高品質食品なのです。


ワムシ栄養強化
画像提供:(独)水産総合研究センター
 
 

漁業再生の原動力に

世界の漁業生産量は頭打ちの状況にあります。一方、日本では食の欧米化が進み、魚介類消費量の減少に伴いEPAやDHAなどの機能性成分の摂取量が減少し、 これによる健康被害も懸念されています。 限られた天然資源の中で栄養価の高い水産資源を確保するためにも、養殖事業の促進は重要な課題です。 スメーブジャパンでは、高品質のナンノクロロプシスを種苗養殖餌料として安定供給することにより、養殖事業の促進に貢献したいと考えています。    
漁獲量推移
 
    

水産業におけるナンノクロロプシスの利用


概要 ワムシの餌料、二枚貝や甲殻類の補助餌料、水質維持素材。海産魚類の種苗生産に不可欠とされています。
 
利用例 ワムシ、ミルクイガイ、チョウセンハマグリ、アカガイ、アサリ、コタマガイ、イタヤガイ、トリガイ、ツキヒガイ、ヒオウギガイ、 ガザミ、アルテミア、チグリオプス、汽水産ミジンコ
  
 
 
▲ページの先頭に戻る